HOME > グループファシリテーションとは

プロセスワークによるグループファシリテーションとは?

DSC_0006.JPG プロセス指向心理学としても知られているプロセスワークは、ユング心理学、現代物理学、シャーマニズム、道教などの影響を受け、起こっていることには意味があると考えます。身体症状やうつ、人間関係の葛藤、組織内での対立といった一見「問題」に見える体験には、深く探っていくと、個人や人間関係、またグループにとって貴重なメッセージがあると理解します。その中でもグループへの取り組みはワールドワークとも呼ばれ、 数人の小さなブループから数百人単位の大きなグループまで対象にします。ビジネスミーティングのように構造化されたものから、性差別、人種差別、戦争といった集合的な問題に取り組む感情的なものまで、ワールドワークで取り上げるテーマは多岐に渡ります。即時的な解決よりも、そのグループの中にある様々な声に耳を傾け、グループが自分自身を探求、発見、理解することで持続的なコミュニティを築いてくことを目的としています。